シャレた車をお探しなら「FIAT500」

Leave a comment

1

魅力的な輸入車をいくつか挙げるとしたら
わたしは迷わずFIAT500と答えます。

ミニと同じように往年の名車を今の技術で甦らせた
レトロテイストのコンパクトカーです。

とっても愛らしいスタイリングで
シンプルな中にもインテリアにも味があり
乗っていて楽しい気持ちにさせてくれる車です。

廉価グレードを選んでもユーザーの満足度の高さは
その車の良さを物語っているのではないでしょうか。

小さいが目立つし、走っていても止まっていても
周囲から熱い視線を浴び、ちょっとした優越感にひたれるかも!?

その魅力はデザインばかりません!
走りもかなり個性的。

2気筒ターボのツインエアは独特のエンジンサウンドを奏でて
とっても気持ちいい加速を楽しめるのです。

「低排気量のエンジンで軽量なボディを走らせる」
というコンセプトの通りになっていると思います。

また年配の人が乗っても似合うところもポイントが高いですね。
車買取はローン中でもいい?

セリカでのモータースポーツ

Leave a comment

「セリカ」のモータースポーツといえば、
そのレースシーンは何と言っても「WRC」ですね!

初参戦は1972年に「TA22型」で華麗に登場しました。

1981年には「RA40型」で参戦した
“アイボリーコーストラリー”で最高位の準優勝を飾ります。
「セリカ」の地位を確実にしたのもこのレースだったと言えるかもしれません。

そして1983年には日本初のツインターボ搭載の
「3T-GTEU」を改良しパワーアップされた「4T-GTEU(2090cc 370ps)」で参戦。

翌年からのサファリラリーで三連覇を達成して
歴史にその名を刻みました。

また 1990年には、カルロス・サインツ選手によって
日本車初のドライバーズタイトルを獲得し
さらに1993年には、トヨタ初のメイクスとドライバーズのダブルタイトルを収めます。
スティングレーの買取
しかし その後は厳しい時代が続き、カタルニアでのリストリクター違反で
「WRC」への1年間の出場停止処分になってしまい
悲しいことにこれが引き金にななって「セリカ」としての「WRC」の幕を閉じる事になりました。

新型ハリアーは選ぶならガソリンかハイブリッドか??

Leave a comment

高級SUVの先駆けとして登場したハリアー。
しばらくモデルチェンジが行われていなかったが、ついにこの度リニューアルが施された。

しかも、ハイブリッドもラインナップさており、選ぶのに迷うところ。

ハイブリッド車は2.5ℓでガソリン車は2ℓでどちらもレギュラーガソリン仕様。

外観は先進的なデザインでこれに関しては、ハイブリッド、ガソリンどちらも変わりないのだがやはり走りの面と、燃費の面では大きな違いが出てくる。

ハイブリッドならではの燃費の良さでガソリン車の上をいく。
走りの面では、ハイブリッドならではのモーターのパワフルさがありとてもスムーズ。
まるで高級車に乗っているかのような感覚になるほどだ。

それに、重い車重に対してこれだけのハイブリッド性能があるのはさすがトヨタと言える。

それに対して、ガソリン車も全く引けを取らず、パワー十分すぎるぐらいで高速道路、市街地どちらでも申し分ない性能を発揮する。

どちらを選ぶにしても、高級感と未来的な機能を堪能出来るので満足することは間違いないだろう。
車下取り相場価格