ラパンがファミリーカーとしておすすめな理由

Leave a comment

お子様と一緒に快適に乗れるくるまとして
スズキのラパンはいかがでしょう。

デザインがオシャレで、若いママからも高い人気です。
エンジンをかけるとウサギのキャラクターが
メーター部分に登場したりと細かい部分までキュート。

コンパクトで小回りが効き、狭いスペースでも楽々駐車できるところが
若いママにも選ばれている理由のひとつでしょう。

運転席と助手席の間がシートで繋がっているので
手席と運転席の間にものが落っこちたり
ボタンを誤操作してしまうといった心配も不要です。
1

子供がいるとファミリーカーの代表であるミニバンを
候補に入れる方がほとんどだと思いますが
小さな子供がいるからこそ燃費の良い軽自動車に注目してはいかがでしょうか。

デイリーの送り迎え、休日のおでかけなどなど
いくら車内が広くても、お出かけする気持ちになれなければ意味がないですよね。

ラパンは気軽にどこにでもサクッと出掛けることができるし
どんなに狭い道でも、また駐車が苦手なママでもストレスなく運転できると思います。

ミニバンとワンボックスの違いって!?

Leave a comment

ミニバンとワンボックスは、一見すると同じように見えます。
その違いはどこにあるのか、はっきり答えられる人は少ないかもしれません。

まず言えることは定義上の形が違います。

ワンボックスの場合はボンネットに出っ張りがなく
フロントガラスも平らです。
1
ワンボックスという言葉自体が「箱」という意味なので
それに近いような形といえば想像ができますね。

これに対し、ミニバンはボンネットやトランクなどに
出っ張りがあるものを含んでおり必ずしも箱型にはなっていません。

さらに、エンジンの位置に大きな違いがあります。

ワンボックスのエンジンは運転席の下にありますが
ミニバンの場合は運転席の前方にエンジンルームが取り付けられており
その中にエンジンが入っています。
2
ただ、やはり見かけだけでは両者は区別しにくいので
現状ではメーカーがミニバンと銘打てばミニバンとなり
ワンボックスとすればワンボックスになる場合もあります。

つまり、名前の違いだけになってしまっているような感もあるといえます。

よく言われているのは「ミニバンの方が大きさが小さい」ということです。
これは必ずしも間違いではなく、事実としてミニバンとワンボックスの大きさを比べると
ミニバンの方が若干小さいことが多いです。

両側スライドドアが魅力の「ソリオ」

Leave a comment

スズキの小型乗用車「ソリオ」
5ナンバー枠のコンパクトハイトワゴンです。

ソリオの最大の魅力は、なんといっても両側スライドドア。
左右どちらからでも乗り降りが楽なの
小さなお子さんがいても安心です。
そして室内は広くてシートアレンジも多彩
色んなシーンで活躍してくれます。

子育てママにも選ばれている一台です。
12
「ソリオ」は、それぞれのシートで余裕をもって座れたり
前席から後席へのウォークスルーができるうえ
小さな子供なら立って着替えたりできる天井の高さなど
コンパクトハイトワゴンの背の高さを活いかした室内のゆとりが
ファミリーカーとしても選ばれている理由です。

両手がふさがった状態でもドアハンドルのスイッチ操作一つで簡単に開閉できる
ワンタッチパワースライドドアは本当に便利。

一度この便利さをしってしまうと、もう普通のドアには戻れない
そんなユーザーも多い様です。

「ソリオ」は、軽自動車で鍛えぬいたスズキの魅力を
小型車でも実感させてくれるそんな車です。

ファミリーにエレナが選ばれる理由とは?!

Leave a comment

セレナは先々代から「家族」を中心にアピールされてきた車です。
その位置づけがブランドとして積み重なってきていて
今でも圧倒的な人気を誇るファミリーカーです。
1
最大の魅力のひとつは「乗って広々」。これにつきます。
とにかくミニバンの最大のセールスポイントは室内の広さになります。
それは単に物理的な寸法だけではなくて
実際に乗っているときの広さ感がセレナはすごいのです。

そしてその使い勝手。
使い勝手の良さを追求されている車は
そんなにはないかもしれません。
たとえばサードシートのたたみ方やオートスライドドアの使い勝手は
実際に乗っているユーザーからの満足度を見ればわかります。

そして現代社会のニーズにもしっかり答える「エコ」。

初めてのエコモーター式アイドルストップ(再始動時間は0.3秒)を採用して
アイドリングストップ機構の装備がとても好評です。
2
ライバル車の一歩上をいくミニバンであることは
もう間違いないですね!!
これからもセレナがどんなふうにかわっていくのか
多くのファンが楽しみにしていると思います。

ミニバン風?!もいいかも「トヨタスペイド」

Leave a comment

乗降性とリアシートの居住性が高くて
小さなお子様やお年寄りのいるファミリーなどにも
選ばれている車です。
2
ミニバンではありませんが、ミニバンにこだわらなければ
逆にミニバンよりもいいかも!な「トヨタスペイド」。

コンパクトカーですので維持費もミニバンよりも
安くすむところも選ばれている理由の一つです。

絶対にミニバン、と決めている方以外では
候補にいれても損はしない一台でしょう。

小回りが利くので、狭い路地や車庫入れもらくらくです。
それなのに、ゆとりのある室内空間で、乗降性もよいのも魅力。

視野が広い大きなウインドウガラスなので
安心して運転することができる車です。

シートの座り心地も良いので4人での長距離移動も快適そのもの!
横滑り防止装置も標準装備なので、安全性も高く
ファミリーカーとしても安心できます。
1
背の高いボディで、コンパクトカーの分類となりますが
ミニバンに負けず劣らずの機能で快適なカーライフがおくれそうです。

左側に一枚の大きなスライドドア
右側には2枚の横開きドアがあり
用途に合わせ、乗り降りしやすいのがうれしいポイントです。

燃費がいいのもトヨタスペイドの特徴です。

ファミリーにもおすすめな走れるミニバン「ストリーム」

Leave a comment

ホンダの走れるミニバンとして評価の高い「ストリーム」。
1
ストリームは7人乗りのミニバンで
「セブンディズ・セブンシーター」というキャッチコピーの通り
シートアレンジが自由自在なのが特徴の車です。

お子さんがいるファミリーでも
いろいろと自由にアレンジができるので便利だと思います。

ホンダのミニバンストリームは
5ナンバー乗用タイプミニバンとしては非常に高い評価を得ているミニバンで
ユーザーからの信頼度も高いといえます。

全高1545mmと低く抑えて都市部での立体駐車場にも入る利便性も人気の理由です。

低床技術による広い室内空間を5ナンバーサイズで実現できている
とっても優れたミニバンなんです。

さらに低い全高でハンドリング性能は
まさにセダン並みのレベルにあるとこれまたユーザーからも高評価!!

名前の由来は、英語で「流れ」や「時流」を意味します。
時代の流れにのり、家族との絆を繋いでいく
そんな願いも込められているのかもしれませんね。
2
ライバルはウィッシュ。
よく比較されますが、個人的にはストリームの方が
総合的にみても優れているかな、と思います。

走行安定性で選ぶなら「エスティマ」

Leave a comment

低重心化されたボディで背の高いミニバンとしては走行安定性が良好!

ヴェルファイア&アルファードと共通のプラットフォームが使用されており
全高は140mmほど低く、峠道や高速道路では安定性が高めです。
1
卵型のエクステリアデザインは、遠方からでもエスティマと認識可能。
背の高い実用性指向のミニバンでありながら、デザインにも配慮されています。
内装の仕上げも上質で、外観とのバランスもとれています。

実用面では、3列目のシートを床下にたためることが特徴。
2列目シートの状態では、スッキリと広い荷室に早変わり。
自転車などの大きな荷室も積みやすくなっています。

2.4Lエンジンを搭載するアエラスは
エアロパーツやアルミホイールを標準装備したうえで、車両価格は300万円以下。
2.5Lクラスのセダンが270万~280万円前後なので
ミニバンの機能と外装パーツの装備を考えれば
長い目でみてもエスティマの買い得感は強いと言えます。
ダウンロード
ただ、3列目は床下格納なので、床と座面の間隔が不足気味です。
ボディの先端が把握しにくいのでこちらは試乗時にチェックしましょう!

三菱のコダワリがつまったミニバン「デリカD:5」

Leave a comment

随所に三菱のコダワリが閉じ込められた「デリカD:5」
5ドアミニバンとして2007年1月に販売開始されました。

世界で唯一のオールラウンダーミニバンをコンセプトに開発された
まさに三菱らしい車です。

乗ってみると開発スタッフの気合の入り具合が伝わってきます。
デリカD:5は世界でも類を見ない
本格4WD性能を備えた1BOXミニバンで
個性を出せるミニバン、とも言えそうです。

身長180cmの大人でもたっぷりとした空間があ
ファミリーかとして求められるものを備えた
こだわりのミニバンです。
1
2
特徴としては、肋骨のように柱を環状に繋げたボディ構造
「リブボーンフレーム」を採用していて
とっても軽くて強靭なボディであること。

オートキャンプ場や、山道、雪道など
アウトドア派のファミリーにもおすすめです。

ユーザーからの不満の声も多い残念な点は、
せっかくの良い車なのに、内装にお金がかかっていない所です。
内装が中途半端な感じだという声が多いです。

乗り降りする際のアシストグリップに
子供用に低い場所にも用意してあるなど
細かい配慮も嬉しいですね。

パッケージングが最大の魅力「トヨタヴォクシー/ノア」

Leave a comment

1
ミニバン選びで、必ずといってもいい程
その名前があがるのが「トヨタヴォクシー/ノア」

新型ヴォクシー/ノアにはハイブリット車もありますが
ハイブリッドは、ガソリン車よりも遅れて発売されたこともあり
販売台数で見るとそこまで売れ行きはよくないようです。

ミドルクラスのミニバンの購入層は子育て層が中心。
子育てでは何かと物入りで車の購入価格に対してはかなりシビアであるといえます。
少しでも安いガソリン車が支持されるのも当然ですね。

ヴォクシーの魅力はそのパッケージングにあります。
リアシートを観音開きに上げれば、なんとフルサイズの自転車が
楽々と入ってしまう収納力なのです。

この収納力に魅力を感じるユーザーはとても多いと思います。
2
エンジンフードサイレンサーや高遮音性ガラスなど
ハイブリッド車ならではの装備もかなり魅力的です。
低速時から高速道路の巡航時でも明らかに一段上質な空間を実感できます。
ハイブリッドは加速も意外と力強く、「パワーモード」にするとエンジンだけでなく
バッテリーからもモーターに電気が供給されます。

金銭的に余裕があれば、ハイブリット車もおすすめです。

3列目まで広々!子供も喜ぶミニバン「ホンダのステップワゴン」

Leave a comment

人気のハイルーフミニバンの中でも
コーナリング時の安定性やハンドリングに対する評価がとても高いこちら。
お子様を乗せてのドライブも安心です。
13
経済性、安全性、実用性、居住性など全てのバランスがよく
ミニバンを検討する際には必ず候補にいれたいですね!

3列目まで広々とした空間を確保したスパーダは
子供の人数が多い家族での遠出でとっても快適と
ユーザーからの熱い支持を得ています。

ホンダ独自の低床、低重心パッケージで
広々とした室内空間が実現。
アイドリングストップ機能を全車に標準搭載することで
燃費もぐんっと向上しました。
2
気になる燃費は15.0/L(JCB08モード)で
ミニバンの中では燃費性能も上位に入ります。

新車価格は、最安価グレードのGで218万円、最も高いLiで330万円です。
金額的にもセレナやヴォクシーと同じぐらいですので
じっくりと比較して検討してください。