セリカでのモータースポーツ

Leave a comment

「セリカ」のモータースポーツといえば、
そのレースシーンは何と言っても「WRC」ですね!

初参戦は1972年に「TA22型」で華麗に登場しました。

1981年には「RA40型」で参戦した
“アイボリーコーストラリー”で最高位の準優勝を飾ります。
「セリカ」の地位を確実にしたのもこのレースだったと言えるかもしれません。

そして1983年には日本初のツインターボ搭載の
「3T-GTEU」を改良しパワーアップされた「4T-GTEU(2090cc 370ps)」で参戦。

翌年からのサファリラリーで三連覇を達成して
歴史にその名を刻みました。

また 1990年には、カルロス・サインツ選手によって
日本車初のドライバーズタイトルを獲得し
さらに1993年には、トヨタ初のメイクスとドライバーズのダブルタイトルを収めます。
スティングレーの買取
しかし その後は厳しい時代が続き、カタルニアでのリストリクター違反で
「WRC」への1年間の出場停止処分になってしまい
悲しいことにこれが引き金にななって「セリカ」としての「WRC」の幕を閉じる事になりました。

新型ハリアーは選ぶならガソリンかハイブリッドか??

Leave a comment

高級SUVの先駆けとして登場したハリアー。
しばらくモデルチェンジが行われていなかったが、ついにこの度リニューアルが施された。

しかも、ハイブリッドもラインナップさており、選ぶのに迷うところ。

ハイブリッド車は2.5ℓでガソリン車は2ℓでどちらもレギュラーガソリン仕様。

外観は先進的なデザインでこれに関しては、ハイブリッド、ガソリンどちらも変わりないのだがやはり走りの面と、燃費の面では大きな違いが出てくる。

ハイブリッドならではの燃費の良さでガソリン車の上をいく。
走りの面では、ハイブリッドならではのモーターのパワフルさがありとてもスムーズ。
まるで高級車に乗っているかのような感覚になるほどだ。

それに、重い車重に対してこれだけのハイブリッド性能があるのはさすがトヨタと言える。

それに対して、ガソリン車も全く引けを取らず、パワー十分すぎるぐらいで高速道路、市街地どちらでも申し分ない性能を発揮する。

どちらを選ぶにしても、高級感と未来的な機能を堪能出来るので満足することは間違いないだろう。
車下取り相場価格

ミニバン風?!もいいかも「トヨタスペイド」

Leave a comment

乗降性とリアシートの居住性が高くて
小さなお子様やお年寄りのいるファミリーなどにも
選ばれている車です。
2
ミニバンではありませんが、ミニバンにこだわらなければ
逆にミニバンよりもいいかも!な「トヨタスペイド」。

コンパクトカーですので維持費もミニバンよりも
安くすむところも選ばれている理由の一つです。

絶対にミニバン、と決めている方以外では
候補にいれても損はしない一台でしょう。

小回りが利くので、狭い路地や車庫入れもらくらくです。
それなのに、ゆとりのある室内空間で、乗降性もよいのも魅力。

視野が広い大きなウインドウガラスなので
安心して運転することができる車です。

シートの座り心地も良いので4人での長距離移動も快適そのもの!
横滑り防止装置も標準装備なので、安全性も高く
ファミリーカーとしても安心できます。
1
背の高いボディで、コンパクトカーの分類となりますが
ミニバンに負けず劣らずの機能で快適なカーライフがおくれそうです。

左側に一枚の大きなスライドドア
右側には2枚の横開きドアがあり
用途に合わせ、乗り降りしやすいのがうれしいポイントです。

燃費がいいのもトヨタスペイドの特徴です。

走行安定性で選ぶなら「エスティマ」

Leave a comment

低重心化されたボディで背の高いミニバンとしては走行安定性が良好!

ヴェルファイア&アルファードと共通のプラットフォームが使用されており
全高は140mmほど低く、峠道や高速道路では安定性が高めです。
1
卵型のエクステリアデザインは、遠方からでもエスティマと認識可能。
背の高い実用性指向のミニバンでありながら、デザインにも配慮されています。
内装の仕上げも上質で、外観とのバランスもとれています。

実用面では、3列目のシートを床下にたためることが特徴。
2列目シートの状態では、スッキリと広い荷室に早変わり。
自転車などの大きな荷室も積みやすくなっています。

2.4Lエンジンを搭載するアエラスは
エアロパーツやアルミホイールを標準装備したうえで、車両価格は300万円以下。
2.5Lクラスのセダンが270万~280万円前後なので
ミニバンの機能と外装パーツの装備を考えれば
長い目でみてもエスティマの買い得感は強いと言えます。
ダウンロード
ただ、3列目は床下格納なので、床と座面の間隔が不足気味です。
ボディの先端が把握しにくいのでこちらは試乗時にチェックしましょう!

パッケージングが最大の魅力「トヨタヴォクシー/ノア」

Leave a comment

1
ミニバン選びで、必ずといってもいい程
その名前があがるのが「トヨタヴォクシー/ノア」

新型ヴォクシー/ノアにはハイブリット車もありますが
ハイブリッドは、ガソリン車よりも遅れて発売されたこともあり
販売台数で見るとそこまで売れ行きはよくないようです。

ミドルクラスのミニバンの購入層は子育て層が中心。
子育てでは何かと物入りで車の購入価格に対してはかなりシビアであるといえます。
少しでも安いガソリン車が支持されるのも当然ですね。

ヴォクシーの魅力はそのパッケージングにあります。
リアシートを観音開きに上げれば、なんとフルサイズの自転車が
楽々と入ってしまう収納力なのです。

この収納力に魅力を感じるユーザーはとても多いと思います。
2
エンジンフードサイレンサーや高遮音性ガラスなど
ハイブリッド車ならではの装備もかなり魅力的です。
低速時から高速道路の巡航時でも明らかに一段上質な空間を実感できます。
ハイブリッドは加速も意外と力強く、「パワーモード」にするとエンジンだけでなく
バッテリーからもモーターに電気が供給されます。

金銭的に余裕があれば、ハイブリット車もおすすめです。