セリカでのモータースポーツ

Leave a comment

「セリカ」のモータースポーツといえば、
そのレースシーンは何と言っても「WRC」ですね!

初参戦は1972年に「TA22型」で華麗に登場しました。

1981年には「RA40型」で参戦した
“アイボリーコーストラリー”で最高位の準優勝を飾ります。
「セリカ」の地位を確実にしたのもこのレースだったと言えるかもしれません。

そして1983年には日本初のツインターボ搭載の
「3T-GTEU」を改良しパワーアップされた「4T-GTEU(2090cc 370ps)」で参戦。

翌年からのサファリラリーで三連覇を達成して
歴史にその名を刻みました。

また 1990年には、カルロス・サインツ選手によって
日本車初のドライバーズタイトルを獲得し
さらに1993年には、トヨタ初のメイクスとドライバーズのダブルタイトルを収めます。
スティングレーの買取
しかし その後は厳しい時代が続き、カタルニアでのリストリクター違反で
「WRC」への1年間の出場停止処分になってしまい
悲しいことにこれが引き金にななって「セリカ」としての「WRC」の幕を閉じる事になりました。

ファミリーにもおすすめな走れるミニバン「ストリーム」

Leave a comment

ホンダの走れるミニバンとして評価の高い「ストリーム」。
1
ストリームは7人乗りのミニバンで
「セブンディズ・セブンシーター」というキャッチコピーの通り
シートアレンジが自由自在なのが特徴の車です。

お子さんがいるファミリーでも
いろいろと自由にアレンジができるので便利だと思います。

ホンダのミニバンストリームは
5ナンバー乗用タイプミニバンとしては非常に高い評価を得ているミニバンで
ユーザーからの信頼度も高いといえます。

全高1545mmと低く抑えて都市部での立体駐車場にも入る利便性も人気の理由です。

低床技術による広い室内空間を5ナンバーサイズで実現できている
とっても優れたミニバンなんです。

さらに低い全高でハンドリング性能は
まさにセダン並みのレベルにあるとこれまたユーザーからも高評価!!

名前の由来は、英語で「流れ」や「時流」を意味します。
時代の流れにのり、家族との絆を繋いでいく
そんな願いも込められているのかもしれませんね。
2
ライバルはウィッシュ。
よく比較されますが、個人的にはストリームの方が
総合的にみても優れているかな、と思います。

3列目まで広々!子供も喜ぶミニバン「ホンダのステップワゴン」

Leave a comment

人気のハイルーフミニバンの中でも
コーナリング時の安定性やハンドリングに対する評価がとても高いこちら。
お子様を乗せてのドライブも安心です。
13
経済性、安全性、実用性、居住性など全てのバランスがよく
ミニバンを検討する際には必ず候補にいれたいですね!

3列目まで広々とした空間を確保したスパーダは
子供の人数が多い家族での遠出でとっても快適と
ユーザーからの熱い支持を得ています。

ホンダ独自の低床、低重心パッケージで
広々とした室内空間が実現。
アイドリングストップ機能を全車に標準搭載することで
燃費もぐんっと向上しました。
2
気になる燃費は15.0/L(JCB08モード)で
ミニバンの中では燃費性能も上位に入ります。

新車価格は、最安価グレードのGで218万円、最も高いLiで330万円です。
金額的にもセレナやヴォクシーと同じぐらいですので
じっくりと比較して検討してください。